開業祝い 胡蝶蘭

開業祝いに胡蝶蘭が喜ばれる理由|値段の相場や贈る際のマナー

開業祝いに胡蝶蘭が喜ばれる理由

 

新しくお店がオープンした時などに見かける機会も多い胡蝶蘭ですが、開業・開店祝いのお花として、もはや鉄板といって良いくらい潜在意識にも浸透しています。

 

このページでは、開店・開業祝になぜ胡蝶蘭が喜ばれているのか、また、開店・開業祝に贈る場合、胡蝶蘭の値段の相場はいくらくらいなのか、分かりやすく解説していきます。

 

また、贈る際の一般的なマナーや、胡蝶蘭を選ぶ際にお得になる情報についてもご紹介するので、何かしらお役に立つことができれば幸いです。

 

目次を開くと気になる項目へジャンプ出来ます。

 

 

胡蝶蘭が開業祝いに選ばれ続けている理由は?

胡蝶蘭が開業祝いに選ばれ続けている理由

 

胡蝶蘭は開業・開店祝いの定番として人気です。では数ある花の中でもどうして胡蝶蘭が選ばれ続けているのでしょうか、その理由について一般的なものをご紹介します。

 

見た目が華やか

華やかな胡蝶蘭

 

胡蝶蘭は上品で華美、高級感のある花で、名前の由来も「蝶が舞い降りたような美しさ」から来ています。飾るだけで店内を華やかにしてくれることから、開業祝いとしてぴったりです。

 

花言葉がぴったり

胡蝶蘭の花言葉

 

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」「純粋な愛」。お店が繁盛し、多くの人に愛されることを願う開店祝いにはぴったりの言葉です。

 

また鉢植えは「根付く」との意味合いを持っていることから「地域に根付く」「幸福が根付く」など縁起の良いとされています。

 

※胡蝶蘭の花言葉に関してもっと調べたい場合は、
こちらの「胡蝶蘭の花言葉|色別にも存在する素敵な意味」に詳しくまとめていますので、そちらをご参考になさってください。

 

花が長持ちする・手入れが簡単

胡蝶蘭は花が日持ちが良い 手間いらず

 

胡蝶蘭は花が1〜2ヶ月と長い間楽しめるのが特長です。またお手入れの頻度も少なくて済むことから、贈った相手の手を煩わせずに済みます。

 

※胡蝶蘭のお手入れ方法についてもう少し詳しく知りたい場合は、
こちらの「胡蝶蘭の育て方@初心者向け」のページに分かりやすくまとめていますのでご覧になってみて下さい。

 

花粉や香りが少ない

胡蝶蘭は花粉や香りが少ない

 

花の中でも胡蝶蘭は花粉や香りが少ない花として知られています。特に飲食店などでは花の香りや花粉が問題となりますが、胡蝶蘭ではそのような心配がいりません。

 

また胡蝶蘭は温室栽培のため、一年中手に入りやすいのが特長です。そのため時期やシーン、業種を選ばずに送れるのも人気の理由です。

 

 

開業祝いに贈る胡蝶蘭の値段相場は?

開業祝いに贈る胡蝶蘭の値段相場

 

開業祝いに贈る相場は2万円程度とされています。ただし贈る相手との関係性によって異なります。

 

・家族や親せき 2〜5万円
・友人 1〜3万円
・知人 5千円〜1万円
・仕事関係 1〜5万円

 

仕事先関係の場合は、贈る相手との関係性のほか、贈り先によっても異なります。3本立て・5本立てのものが人気です。

 

※胡蝶蘭の値段相場に関しては、「胡蝶蘭の値段は?一般的な相場感」のページに詳しくまとめていますので、もっと調べたい場合はそちらをご参考になさってください。

 

 

開業祝いで胡蝶蘭を贈る際に注意すべきマナーとは?

開業祝いで胡蝶蘭を贈る際に注意すべきマナー

 

開業・開店祝いに胡蝶蘭を贈る場合、仕来りというか、社会常識的な慣習があります。ここでは、胡蝶蘭を贈るときに気を付けておくべきマナーや贈り方について解説しますね。

 

贈る日時に気を付ける

 

開業祝いとして贈るなら、開業に合わせて花が飾れるようにするのがベストです。そのためオープンの1週間前から遅くとも前日までには届くようにしましょう。

 

胡蝶蘭は他の生花と違い、花が長持ちしますので余裕を持って届くようにするのがおすすめです。負担にならないように、前もって相手側に胡蝶蘭を贈ることと日時を伝えると親切です。

 

 

立札やメッセージカードを添える

立札やメッセージカード
立札には「お祝いの文言」と「贈り主名」を記載します。ビジネスシーンで贈る場合は、「贈り主の会社名と役職名」を入れましょう。

 

基本は縦書きですが、アルファベットなどの社名や店名の場合は横書きでも大丈夫です。メッセージカードを添える時は、忌み言葉に注意しましょう。「倒れる」「負ける」「傾く」「赤」「煙」「燃える」などはタブーです。

 

 

置き場所に合わせて選ぶ

胡蝶蘭の置き場所

 

胡蝶蘭は花のサイズや株の数によって大きさが異なります。そのためお店の雰囲気やスペースに合わせたものを選びましょう。
胡蝶蘭の色は「白」や「紅白」が人気です。

 

またお店に合ったカラーがあれば、黄色やピンクなどの色を選ぶのもおすすめです。

 

 

ラッピングの色に気を付ける

開業・開店祝いに贈る胡蝶蘭のラッピング

 

お祝いなので明るい色が好まれますが、赤一色にするのはやめましょう。赤は「火事」や「赤字」を連想させるため、ビジネスシーンではタブーとしていることが多いです。

 

 

開業祝いに贈る胡蝶蘭は信頼できるお店で選ぶ

胡蝶蘭は信頼できるお店で選ぶ

 

なぜ胡蝶蘭が開業・開店祝いに喜ばれるのか、その理由や贈る際のマナーについてお伝えしてきましたが、胡蝶蘭を注文するにあたってもお伝えしておきたいことがあります。

 

今はネット通販のほうがお得

胡蝶蘭を買うとなると、一般的には近くのフラワーショップなどが頭に浮かぶかもしれませんが、ネット注文による購入のほうが価格も割安で、品揃えも豊富なケースが多々あるってことです。

 

ご存知かとは思いますが、近年スマホの普及によりネット通販の市場規模が急激に拡大し、たくさんの優良企業がネット通販でショップ運営を行うようになっています。

 

胡蝶蘭も多分に漏れずネット通販が盛んになっていて、多くのお店が通販で胡蝶蘭を販売しています。

 

胡蝶蘭の通販を選ぶ基準

注目して欲しいのは、各地の有力な生産農家と直接契約しているネットショップで、胡蝶蘭の有名な品評会で受賞歴のある生産者から直送してくれるサービスです。

 

直接契約の場合、仲介業者や卸売市場を経由しないので、胡蝶蘭の傷みも無く何よりも新鮮な花をダイレクトに消費者へ届けることが出来ます。

 

また、中間マージンや輸送コストが省かれるので価格も安くなり、広大な栽培農園にある胡蝶蘭が商品となるので、様々なニーズに対応が可能となり、膨大な商品ラインナップを保持していることになります。

 

ただ、あまり芳しくない通販事業者も存在するのは確かなので、良い悪いを見極める必要があります。しかし、自分で調べるとなると、なかなかどうして時間もかかるし面倒だと思います。

 

そこで、口コミでの評判が良く、生産者との直接契約で格安な胡蝶蘭の販売を行っているショップをまとめました。発送前の実物商品画像送信や、立札・メッセージカード・ラッピングの無料サービスを行っている優良店ばかりですので、安心して比較検討できると思います。

 

こちら⇒ 胡蝶蘭の通販「産地直送おすすめ店ランキング」最新版


page top