胡蝶蘭 相場 取引先

取引先に贈る胡蝶蘭の相場価格は?失礼に当たらない妥当な値段

取引先に贈る胡蝶蘭の価格相場

 

胡蝶蘭が喜ばれるケースとして、取引先の開業・開店祝いや周年記念、昇進や就任祝い、移転祝いなど、様々なシーンがあります。また、個人に於いても親族の長寿祝いや退職祝い、誕生祝いや引っ越し、結婚式など、多種多様な場面で利用されていますが、それぞれ相場価格に違いがあります。

 

※ここで言う相場とは、世間一般で常識的とされる胡蝶蘭の値段のことで、平均的な相場価格を指します。

 

特に、取引先へ胡蝶蘭を贈る場合、常識的な相場を踏まえないと失礼に当たることがあるので、一般的な相場価格は知っておきたいところです。このページでは、主なビジネスシーンで贈られる胡蝶蘭の相場を、シーン別・関係性別で分かりやすくまとめています。

 

また、取引先などビジネスシーンに於ける相場感を分かりやすくするため、個人的な花ギフトとして贈る場合の参考例も、シーン別・関係性別にまとめました。あくまでも一般的な相場価格ではありますが、取引先などビジネスシーンで贈るんであれば少し高めのものを選ぶのが無難です。

 

その逆に、個人的な贈り物として胡蝶蘭を贈る場合、関係性が近ければ近いほど、あまり相場を気にしなくても良いでしょう。あと、高品質で低価格の胡蝶蘭が注文できる、おすすめのネット通販もご紹介しますので、胡蝶蘭を贈るにあたり、どの程度のものを選べば失礼にならないのか、一般的な相場価格はどれくらいなのか、知っておきたい方の参考になれば幸いです。

 

目次を開くと確認したい項目へジャンプ出来ます。

 

 

取引先に胡蝶蘭を贈る|ビジネスシーンでの相場価格

取引先の胡蝶蘭を贈る際の価格相場

 

まずは、会社関係など取引先に贈るシーン別に一般的な相場価格を見ていきます ※知人や友人・身内といった個人で贈る場合の価格相場とは違いがあるため、個人で贈る場合の相場価格も合わせてご紹介します。

 

 

取引先の開業・新規オープンなどで贈る胡蝶蘭の相場価格

開業・開店祝などで贈る胡蝶蘭の相場

 

新しい取引先が開業したり、既存の取引先が新たにお店をオープンするときのお祝いの花として、鉄板とも言えるのが胡蝶蘭です。取引先との関係性によって価格の相場も異なってきますが、相場よりも安いものは避けたほうが良いでしょう。

 

開業・開店祝の場合、複数他社からも多くの胡蝶蘭やお花が届けられるため、他の祝花と並んだとき、極端に見劣りするのは印象も良くありません。取引先にも来賓の方に対しても、「立派な胡蝶蘭を贈ってくる企業だな」といった好印象を与えたいところです。

 

特別な取引先の場合 30,000円〜50,000円くらい
一般的な取引先の場合 20,,000円〜30,000円くらい
家族や親族の場合 10,,000円〜50,,000円くらい
知人や友人の場合 10,,000円〜20,000円くらい

 

開店・開業祝で胡蝶蘭を贈る際のマナーなどについても詳しく調べたい場合は「開業祝いに胡蝶蘭が喜ばれる理由|値段の相場や贈る際のマナー」をご覧になってみて下さい。

 

 

取引先の周年記念などに贈る胡蝶蘭の相場価格

周年記念などに贈る胡蝶蘭の相場

 

設立記念日など、周年記念の式典などにも胡蝶蘭を贈るのが鉄板となっています。取引先の大切な節目になるため、胡蝶蘭も立派なものを選ぶのが常識となっています。

 

一般的な相場を表記しておきますが、多くの企業が立派な胡蝶蘭を贈ってきますので、企業規模が大きかったりする場合は特に、大倫の5本立や7本立といった華やかなものを選ぶほうが良いでしょう。

 

特別な取引先の場合 30,000円〜50,000円(式典がある場合は5万以上がベター)
一般的な取引先の場合 10,000円〜30,000円くらい
家族や親族の場合 5,000円〜10,000円くらい
知人や友人の場合 5,000円〜10,000円くらい

 

 

取引先の昇進や就任祝いなどで贈る胡蝶蘭の相場価格

取引先の創立記念などで贈る胡蝶蘭の価格相場

 

取引先の企業規模が大きくなると、担当者が昇進したり、重役が社長に就任したりといった人事異動が盛んに行われます。ビジネスシーンではこういった場面でも胡蝶蘭を贈るケースが多くあります。

 

取締役や社長の就任祝いと比較すると相場的には昇任祝いのほうが低いですが、今後のお付き合いが大切なので、立派な胡蝶蘭を贈りたいものです。

 

 

部長職など昇任祝いで贈る胡蝶蘭の相場

 

特別な取引先の場合 30,000円以上
一般的な取引先の場合 10,000円〜20,000円くらい
知人や友人の場合 5,000円〜10,000円くらい
親族の場合 5,000円〜10,000円くらい

 

 

社長の就任祝いで贈る胡蝶蘭の相場

 

特別な取引先や上場企業の場合 50,000円以上〜
一般的な取引先の場合 30,000円〜50,000円くらい
知人や友人の場合 10,000円〜30,000円くらい
親族の場合 5,000円〜30,000円くらい

 

※役員就任ならもう少し相場価格も下がりますので、一般的な取引先で一万円〜三万円くらいになります。特別な取引先や上場企業で三万円〜五万円くらいです。

 

 

取引先のリニューアルや移転祝いなどで贈る胡蝶蘭の相場価格

移転祝いなどで贈る胡蝶蘭の相場

 

運営しているお店を改装してリニューアルオープンするときや、事業所を移転した際にも胡蝶蘭を贈る事が多いです。相場的には開業祝いなどより下がるものの、お付き合いのある取引先の新たな門出でもあるので、素敵な胡蝶蘭を選びたいところです。

 

特別な取引先の場合 30,000円〜50,000円くらい
一般的な取引先の場合 20,000円くらい
知人や友人の場合 10,000円〜20,000円くらい
親族の場合 10,000円〜20,000円くらい

 

 

 

個人で贈る胡蝶蘭の一般的な相場価格|シン―別の参考例

個人で贈る胡蝶蘭|値段の相場

 

取引先や会社関係など、ビジネスシーンにおいての胡蝶蘭の値段相場は比較的高価な傾向にありますが、個人的に贈る場合は必ずしもそうではありません。次はプライベートなど、個人的なお祝い事で胡蝶蘭を贈る場合の相場を、代表的なシーン別で見ていきましょう。

 

 

誕生日祝いで贈る胡蝶蘭の相場価格

誕生祝いで贈る胡蝶蘭の相場価格

 

誕生日祝いのフラワーギフトでも胡蝶蘭が喜ばれます。個人的なお付き合いでも幅広く利用されていて、サイズの小さい中大輪やミディ胡蝶蘭が人気です。

 

特別なお付き合いがある場合 5,000円〜10,000円くらい
知人など一般的なお付き合いの場合 3,000円〜5,000円くらい
友人や親族の場合 3,000円〜5,000円くらい

 

誕生祝で胡蝶蘭を贈る際のマナーなどについても詳しく調べたたい場合は「誕生日祝いの胡蝶蘭に添えるメッセージの参考例や贈り方のマナー」のページをご覧になって下さい。

 

 

引っ越し祝いで贈る胡蝶蘭の相場価格

引っ越し祝いで贈る胡蝶蘭の相場価格

 

胡蝶蘭は引っ越しのお祝いとしても人気があります。お相手のご自宅に飾ることになるので、省スペースでも邪魔にならない中大輪やミディサイズを選ばれる方が多いです。

 

兄弟や親族の場合 10,000円〜30,000円くらい
友人や職場関係の場合 5,000円〜10,000円くらい

 

 

退職祝いで贈る胡蝶蘭の相場価格

退職祝いで贈る胡蝶蘭の相場

 

結婚や定年など、お祝いできる形で退職された場合には、記念として胡蝶蘭を贈ることがあります。「今までご苦労様でした」という感謝の気持ちや労いの意味を込めて贈るわけですが、職場で渡す場合は持ち帰れるかどうか、配慮した大きさのものを選びましょう。

 

個人的な退職祝いには大倫の胡蝶蘭ではなく、中大輪やミディサイズのものがおすすめです。

 

職場の同僚が贈る場合 3,000円〜5,000円くらい
部下や後輩が贈る場合 5,000円〜10,000円くらい
友人や親族が贈る場合 3,000円〜5,000円くらい

 

 

長寿祝いで贈る胡蝶蘭の相場価格

長寿祝いで贈る胡蝶蘭の相場

 

60歳を迎える還暦や77歳の喜寿など、長寿のお祝いにも胡蝶蘭が人気です。幸せを運んでくるという胡蝶蘭共通の花言葉はもちろん、花の色によっては「あなたを愛しています」「尊敬」といった花言葉があり、その場にピッタリな胡蝶蘭を選ぶことが出来ます。

 

特別なお付き合いがある場合 10,000円〜30,000円くらい
知人など一般的なお付き合いの場合 10,000円くらい
友人や親族の場合 5,000円〜10,000円くらい

 

 

結婚式に胡蝶蘭を贈る場合の相場

結婚式に胡蝶蘭を贈る

 

幸せを運んでくるという花言葉の胡蝶蘭は、結婚祝いにピッタリのお花だと言えます。ここでは結婚式場や披露宴会場に贈る場合の相場についてご紹介します。

 

取引先など法人同士の場合 20,000円以上で上限なし
友人・知人など一般的なお付き合い 10,000円〜30,000円くらい
親族の場合 5,000円〜20,000円くらい

 

結婚祝いで胡蝶蘭を贈る際のマナーなどについても詳しく調べたい場合は「結婚祝に胡蝶蘭や祝品を頂いた後のお返し&胡蝶蘭を贈る際のマナー」をご覧になってみて下さい。

 

 

取引先に贈る胡蝶蘭の相場価格|まとめ

胡蝶蘭の値段の相場|法人の場合・個人の場合まとめ

 

胡蝶蘭を贈る際の価格相場を、取引先など、会社関係のビジネスシーン贈る場合と、個人で贈る事が多いシーンに分けてお伝えしてきました。大きな違いを挙げるとやはり、取引先などに贈るビジネスシーンにおいては、安い胡蝶蘭を選ぶと失礼に当たるという社会常識があることです。

 

個人事業主の方にしても、会社勤めをされている方にしても、取引先や会社関係でのお付き合いがある場合、社会常識を踏まえたうえでないと、せっかくのお祝いの気持ちも台無しになってしまいます。

 

個人的で、恋人同士・夫婦・親子・友達といった親しい関係であれば、数千円のミニ胡蝶蘭でも素敵なフラワーギフトになりますし、価格の相場もあまり関係ありませんが、個人で胡蝶蘭を贈る場合でも、知人・親類の結婚式などではある程度、相場を意識しないとマナー違反になってしまいかねない点は覚えておいた方が良いと思います。

 

※胡蝶蘭の一般的な相場価格について、もっと詳しく調べたい場合は「胡蝶蘭の値段は?一般的な相場感をシーン別・本数別で教えます!」のページにもっと詳細にまとめていますので、そちらを確認してみて下さい。

 

 

 

高品質・低価格な胡蝶蘭|おすすめのネット通販

贈るシーンに相応しい胡蝶蘭を選ぶ

 

胡蝶蘭を贈る場面は様々ですが、それぞれの場面に相応しい胡蝶蘭をどうやって選べば良いか分からないといった不安をお持ちになっている方も多いかと思います。そこで、それぞれの場面別に選びやすくカテゴリー分けされたネット通販についてご紹介します。

 

開店・開業祝い・就任祝い・昇進祝い・結婚式・母の日・父の日・お悔やみ・といった贈る場面別で相応しい胡蝶蘭を選べるように工夫されていて、他にも予算別・種類別などで選ぶことができる便利なネットショップだけをまとめているので、取引先などや会社関係で贈る胡蝶蘭を探すのにも便利です。

 

生花店よりも高品質低価格、商品ラインナップも多い口コミでも人気のおすすめ店を比較しやすいように、お店の特徴・おすすめポイントとと合わせて掲載しています。

 

また、花屋さんで購入するより格安になっているのですが、価格が安い理由や高品質な理由、通販の胡蝶蘭を選ぶ時のポイントなども分かりやすく解説していますので、良い通販ショップをお探しであれば、お役に立てるのではないかと思います。

 

さらに胡蝶蘭の花言葉や贈る際の注意点などにも触れていますので、購入目的の方だけでなく、一般的な胡蝶蘭の基礎知識をなるべく端的に頭に入れておきたい方にもおすすめです。

 

流通コストを省いた

生産者直送で品質の良いネット通販

▼ ▼ ▼

 


トップへ戻る