胡蝶蘭 お祝い 処分

お祝いで頂いた胡蝶蘭の処分方法|廃棄時の分別&引取りサービス

お祝いで頂いた胡蝶蘭の処分

 

お祝い事などで頂く定番と言えば胡蝶蘭ですが、花が咲き終わって枯れてしまったり、法人などであれば一定期間を過ぎると頂いた数が多すぎて処分を考える必要が出てきたりします。

 

このページでは、胡蝶蘭を廃棄する時の分別方法や、胡蝶蘭の引き取りサービスについて解説していきますので、処分方法にお困りであれば、何かしらお役に立てる内容となっています。

 

目次を開くと確認したい項目へジャンプ出来ます。

 

 

処分を考えている胡蝶蘭の状態を確認する

処分を考えている胡蝶蘭の状態を確認

 

まず、胡蝶蘭の廃棄方法や引き取りサービスについてご紹介する前に、花が散った後の胡蝶蘭についてお伝えしておきたいことがあります。というのも、胡蝶蘭というお花は寿命が長く、一度花が散っても株が生きている限り何度でも新しい花を咲かせてくれます。

 

お祝いで頂いた胡蝶蘭の数が多く、処分する必要がある場合は仕方ありませんが、胡蝶蘭の二度咲きを知らず、花が散ったら終わりだと思っているなら、そうではないということだけ認識しておいて下さい。

 

その辺のことを詳しく知りたい方は、胡蝶蘭を二度咲きさせる方法胡蝶蘭の育て方・植え替えが必要な時期をご覧になって頂くと、胡蝶蘭を長く楽しむ方法が理解できると思います。

 

 

胡蝶蘭が生きているかどうか2つの確認方法

胡蝶蘭が生きているかどうかの確認
※画像はイメージです

 

上記でお伝えした通り、花が散ってしまった胡蝶蘭は、咲いている状態が優美で華やかな分、茎だけが残った状態になってもの悲しさすら漂う寂しい印象を受けます。しかし、株が生きていれば何度も花を咲かせてくれるのも胡蝶蘭の特徴なので、生きているかどうかの確認方法を紹介します。

 

 

1、葉っぱの状態を見てみる

 

全ての葉っぱがしおれている場合は枯れてしまっている可能性があります。逆に、一枚でも元気そうな葉っぱが残っている場合はその胡蝶蘭はまだ生きていると判断できます。

 

 

2、根っこの状態を見てみる

 

全ての根っこが白や黒っぽく変色してしまい干乾びてブヨブヨになっている場合は枯れてしまっている可能性が高いです。逆に一本でも太い根っこが残っているなら、その胡蝶蘭は生きていると考えて良いでしょう。

 

 

以上が胡蝶蘭が生きているかどうかの確認方法になります。次は、ご自身で廃棄する場合の処分方法について解説していきます。

 

 

胡蝶蘭の処分方法|ご自身で廃棄する場合の分別の仕方

ご自身で廃棄する場合

 

不要になった胡蝶蘭をご自身で廃棄される場合の注意点ですが、鉢や支柱など、分別の必要性が出てきます。ご住所のある地域や自治体などによって回収日・分別方法など、多少の違いはあるかと思いますが、使用されている材質などによってしっかり分別しないと、回収してもらえないことがあるので、なるべく分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

 

 

1、花や葉や根|胡蝶蘭本体を処分する際の分別方法

 

散った花、葉っぱや根っこに関しては、燃えるごみとして普通に廃棄できます。花茎が長い場合はハサミなどを使って細かく切ってからのほうが廃棄しやすいですし、ゴミ袋にも入れやすいのでお手間ですが、処理したほうが良いでしょう。

 

 

2、鉢を処分する際の分別方法

鉢を処分する際の分別方

プラスチック製の植木鉢の場合

 

プラ製の鉢は、燃えない普通ゴミとして分類できるところが多いようで、自治体の指定日に出すことが出来ます。ただ、数が多い場合やおる一定以上の大きさを超えると粗大ごみとして自治体への連絡が必要になるケースもあります。(大阪市では最大の辺または径が30pを超える場合)

 

土などはなるべく落としておくのが親切です。

 

 

素焼き製の植木鉢の場合

 

素焼きの鉢は陶器やせとものといったものに分類できるので、燃えないゴミとなり、指定日に出すことが出来ます。ただ、大きさがある一定以上の場合などは粗大ごみとして自治体へ別途連絡が必要なケースもあるようです。(大阪市では最大の辺または径が30pを超える場合)

 

土などはなるべく落としておくのが親切です。

 

 

3、支柱を処分する際の分別方法

鉢を処分する際の分別方

 

胡蝶蘭の花茎を支えている支柱ですが、主には針金で出来ています。針金は燃えない普通ゴミとして出せるところが多いようですが、なるべく小さく折畳んで厚紙などに入れるとコンパクトにまとめられます。また、プラスチック製の支柱もありますが、こちらはペンチで細かくするなどすれば、燃えない普通ゴミとして指定日に出すことが出来ます。

 

 

4、用土を処分する際の分別方法

用土

 

胡蝶蘭に使われる用土としては、バーグチップ(樹脂)や水苔が挙げられますが燃える普通ゴミとして自治体ごとの決められた指定日に出すことが出来ます。しっかりと水分を絞ってから出すのが親切です。

 

 

以上がご自身で胡蝶蘭を廃棄する際の分別方法になります。該当地域の分別基準に従って正しく廃棄するように心がけて下さいね。

 

 

胡蝶蘭の処分方法|引き取りサービスを利用する

 

不要になった胡蝶蘭の処分方法として、業者の引き取りや回収サービスを利用するのもおすすめです。

 

特に、ご商売をされている方や法人関係者など、頂く胡蝶蘭の数が多くなればなるほど分別作業を行うのも大変になり、多大な労力を必要とします。

 

引取り業者については、胡蝶蘭を販売しているショップが行っていることもありますし、引き取りを専門に取り扱っている会社もありますので、こういった場合は特に引取り回収サービスを利用するのが現実的です。

 

※支柱や鉢の再利用などを行っているようですが、基本的には有料での引き取り・回収となります。

 

「胡蝶蘭 引取り」などで検索するといくつかの引き取り業者を比較したサイトが出てくるので参考になるかと思います。対応地域や費用などを確認してご利用ください。

 

 

胡蝶蘭の引き取りサービスがある通販店|HitoHana(ひとはな)

胡蝶蘭の引き取りサービスがあるHitoHana(ひとはな)

 

胡蝶蘭や観葉植物のネット通販を運営しているHitoHana(ひとはな)は、引き取りサービスも行っていて東京都、神長川、埼玉県、千葉の一部地域に対応しています。

 

基本的には有料ですが、株が生きていても枯れてしまっていても問題なく引き取りや回収を行ってくれます。3万円以上のお買い物やギフト券購入・レンタルグリーンの契約があれば無料で引き取ってもらえます。

 

個人事業主の方や法人関係者の方であれば、胡蝶蘭を贈る機会も多いと思いますので、上手に活用すれば、胡蝶蘭の処分費用を浮かせることも出来ます。また、請求書後払いにも対応していますので、利用しやすいサービスだと思います。

 

胡蝶蘭のネット通販で、HitoHana(ひとはな)は口コミでも評判が良いので、信頼できる業者だと思います。

 

 

胡蝶蘭引き取りサービス|費用の相場

 

法人で利用する場合と法人で利用する場合で相場を比較すると、個人で利用する時の方が割高になります。これは平均的な引き取り品数に違いが出るため致し方ないところでしょう。

 

ただ、対応地域別で送料が違ったり、無料になったりするのは選定する業者によって異なるため、一概には言い切れない部分もあります。

 

個人で利用する場合:2,000円〜3,000円
法人で利用する場合:1,000円〜2,000円

 

 

胡蝶蘭の買取サービスも存在する

 

株が生きていれば、胡蝶蘭を買取してくれるサービスもあります。ある業者では品種やサイズ、育てた生産者などによるみたいですが、鮮度が高く蕾が多いほど査定額はアップするようです。

 

既に枯れていたり、満開の状態では買取が難しいようですが、お祝いで頂いた胡蝶蘭を廃棄しずらいとか、まだ生きているので勿体ないと感じる場合には嬉しいサービスだと言えるでしょう。

 

「胡蝶蘭 買取」などで検索すると、業者を紹介したサイトが上位に来ているので良い業者が見つかると思います。

 

 

お祝いで頂いた胡蝶蘭の処分方法|まとめ

お祝いで頂いた胡蝶蘭の処分方法|まとめ

 

不要になった胡蝶蘭の処分方法についてお伝えしてきましたが、少しはお役に立つことが出来たでしょうか。胡蝶蘭は花が散って枯れたように見えても、株が生きていれば何度も花を咲かせてくれますので、個人で頂いた場合などは上手に育てれば長く楽しむことが出来るお花です。

 

しかし、枯れてしまったり、ビジネスシーンでたくさんいただいた場合には処分する必要が出てきますので、お伝えした廃棄する時の分別方法や引き取りサービスなどが役に立つのではないかと思いますので、ご事情に合った処分方法をご検討ください。

 

 

胡蝶蘭を贈る際に信頼できるショップを紹介

胡蝶蘭を贈る際に信頼できるショップ

 

今回は、頂いた胡蝶蘭の処分方法についてまとめましたが、逆に贈る機会もあります。そんな時はやはり、品質が良く信頼できるショップを利用したいところですね。

 

時間も短縮できて手間も少ないネット通販が便利ですが、現物を確認出来ないというデメリットがあるため、商品画像と違う胡蝶蘭が届けられたり、相手先に届いた時に花が萎れていたりする不安もあります。

 

そこで、生産者との直契約で中間コストを省き、新鮮で格安な胡蝶蘭を販売しているネットショップをまとめたページをご用意しています。

 

発送前の商品画像を送ってくれたり、シーン別に複数のラッピングや立札を無料で行ってくれるサービスがあるショップに限定していますので、口コミでの評判も良いお店ばかりです。

 

こちらになります。
▼ ▼ ▼
胡蝶蘭の通販|産地直送のおすすめショップ


トップへ戻る